小ロット部品加工管理ソフトの決定版!

小ロット生産の納期を守るために

小ロット生産の納期を守るために
高まる顧客の納期ニーズに対応した
小ロット生産専用ソフト誕生
※特許出願中

どんどん納期要求が厳しくなる小ロット部品加工業界の工程管理課題を解決するために「小ロットスケジューラ」が開発されました。

作業指示書を作るだけで、電子ホワイトボードに生産計画が作られ、現場の進捗や納期がリアルタイムで見えるようになります。

  • #

    納期を守れずにお客様に迷惑をかけている

  • 進捗の問合せ対応のたびに作業が止まってしまう

    #
  • #

    見積りに対して儲かっているのかわからない

といったことはありませんか?

特に製造業の流れ的に納期はどんどん要求が厳しくなっており、小ロット部品加工でも真剣に対応することが急務になってきています。

小ロットスケジューラを導入するとこうなります。

各案件の遅れ進みをリアルタイムに把握し納期遅れを未然に防止

各案件の遅れ進みをリアルタイムに把握し納期遅れを未然に防止

ホワイトボードのように見やすい画面で作業計画に対する遅れ進みが瞬時にわかります。
作業が遅れている案件や納期に収まらない案件は自動で警告表示します。

日報を書かなくても進捗回答がどこでもすぐにできる

日報を書かなくても進捗回答がどこでもすぐにできる

ホワイトボードのような作業計画画面からワンタッチで作業実績がリアルタイムに入力でき、日報記入や集計作業がなくなります。
作業実績や進捗はいつでもパソコンやタブレットから確認できます。

見積りと実績の原価を工程単位で比較

見積りと実績の原価を工程単位で比較

作業指示書を作成するだけで原価見積りを自動で行います
さらに、作業実績を元に実績原価を自動計算し、リアルタイムで見積りと比較できます。
過去の見積りと実績の原価を元に、新しい案件の見積りに活かすことができます。

「小ロットスケジューラ」を使うことで、簡単に工程管理の導入と顧客満足度の向上を実現できます!

ご利用登録

これまでの工程管理ソフトは現場指向で設計されていません。
しかも導入が大変!

これまでの工程管理ソフトは現場指向で設計されていませんでした。しかも導入が大変!

これまでの工程管理ソフトは事務作業に特化し、製造業で一番重要な生産現場に関する機能はおまけ程度でした。不要な機能が多く、専任の担当者への操作教育が必要です。 高価な専用サーバーを用意し、インストール作業を行う必要があり、導入までリードタイムや負担が大きくなりがちでした。導入費用が非常に高価になり、500万円以上する場合がほとんどです。


小ロットスケジューラは小ロット工場で鍛えた現場指向ソフト。
取説読まずにいきなり使える!

「小ロットスケジューラ」は小ロット製造現場で鍛えられた現場指向のソフト。取説読まずにすぐに使える!

小ロットスケジューラは、最新の生産管理ノウハウと改善経験を活かし、実際の小ロット製造現場で実験と改善を繰り返して開発されました。まさに、現場の、現場による、現場のためのスケジューラです。現場管理に必要な機能に絞り込んだシンプル設計なので、ホワイトボードのように直感的な画面と操作で簡単に活用できます。端末へのインストールすることなく、すぐに手持ちのパソコンやタブレットで使えます。


煩わしいマスター登録作業を極力排除し、使い始めて早くて1時間で実務運用を始められます。あとは日々運用するだけで、マスターや有効なデータが自動で蓄積されます。

小ロットスケジューラ
の特徴

  • 納期遅れの防止


    納期遅れの防止

    パソコンやタブレットからワンタッチで作業実績をリアルタイムで入力でき、日報の記入や集計から解放されます。遅れや納期が守れない計画は自動で警告し、納期遅れを防止します。

  • 生産計画と進捗の共有


    生産計画と進捗の共有

    生産計画と進捗を各現場だけでなく、事務所や営業先のパソコンやタブレットからも確認できます。特急対応など生産計画の変更はマウスでつまむだけで簡単に調整することができます。

  • 原価の見える化


    原価の見える化

    工程や人員の時間単価を元に原価を自動計算します。作業指示での見積りと作業実績の原価の乖離が大きい工程は、次回の見積りまでに改善することができます。

ご利用登録

作業指示書を作るだけ





電子ホワイトボードで
進捗・納期リアルタイム管理

ご利用登録

ご利用までの流れ

ステップ1)ご利用登録

登録フォームよりご利用登録ください。



ステップ2)導入支援日の決定

登録後、ご案内メールが届きます。
その後担当者からご連絡し導入支援日を決定します。



ステップ3)導入支援

御社にお伺いし小ロットスケジューラの導入支援を行います。

現地での導入サポートを実施しております

小ロットスケジューラのご利用イメージ



ご利用いただいたお客様の声

製造現場の管理者(Sさん、精密部品加工業)

取説を読まずに簡単に運用を始められました。おかげで計画変更や進捗確認の手間が減りました。 しかも、遅れ進みが一目でわかるので早めのフォローができるようになり、土壇場の対応が減り助かっています。 お客様からの納期確認の電話対応を事務の子でもできるようになったので、呼び出し電話で作業を中断されることがなくなり作業に集中できるようになりました。 日報の集計や入力などの作業がなくなったので早く帰れるようになりました。これが流行りの働き方改革ですね(笑)。


製造現場の作業者(Sさん、精密部品加工業)

パソコンでクリックするだけで計画の確認や実績入力ができるので、日報を書かなくなりました。びっくりです! しかも、前工程からの申し送り事項もビックリマークで表示されるので見落とすことなく作業ができるようになりました。おかげさまでやり直しのミスが減りました。


営業マン(Fさん、精密部品加工業)

外回り中にお客様から電話がかかってきたときも、進捗の確認をタブレットでできるので、電話を切らずにその場で回答できるようになり、電話をかけなおす手間が減りました。 お客様と特急品の打ち合わせをしているときに、その場でタブレットで空き具合を確認し回答したところ、「すげー!」って言われました(笑)。


経営者(Aさん、精密部品加工業)

現場に行かなくても、どのくらい案件が入っているか、設備や作業者の稼働状況が把握しやすくなり、指示や判断がしやすくなりました。 離れた工場の稼働状況も出張中や自宅でも確認できるので、フォローアップがしやすいです。 案件ごとに粗利が見えるようになったので、儲かっている仕事と儲かっていない仕事がわかるようになり、今後の経営改善に活かせそうです。

ご利用登録

ご利用料金

小ロット生産専用
スケジューラ
他社
生産管理ソフト
初期費用(税抜) 100万円 約500万円~
月額料金(税抜) 基本料(10名まで)
2万円/月
追加料(10名以上)
1人追加につき+1,000円/月
約5万円/月~
サーバー料金 0円
約4万円/月
こんな方におすすめ 必要機能に絞った管理がしたい!
・生産計画/進捗を一元管理したい
・納期遅れを防ぎたい
・案件毎の原価の実績を知りたい
たくさんの機能を使ってみたい
・専任者を用意し徹底管理がしたい
・同業者と同じ生産管理を入れたい
・自社サーバーで運用したい
機能
自動生産計画作成 ×
生産計画ガントチャート △(オプション)
納期遅れ警告 ×
進捗入力
(ワンタッチ
またはIoT自動化)
△(オプション)
(手入力
またはバーコードリーダ)
進捗管理
(リアルタイム)
△(オプション)
(手入力
またはリアルタイム)
原価計算
(リアルタイム自動計算)
△(オプション)
貴社に必要な機能の
個別カスタマイズも可能!

ご利用登録

開発への想い

  • ものレボ株式会社 代表取締役 細井 雄太
  • ものレボ株式会社
    代表取締役 細井 雄太

「賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?」


これはPaypal創業者で著名投資家でもあるピーターティールが必ず採用面接や投資面談で訊く質問です。


「世の中のほとんどは第四次産業革命は大企業の工場から始まると信じているが、真実は無数の中小工場から有機的に始まる」


これが先の問いに対する当社の答えです。


当社は、トヨタ生産方式の考え方やQC思考を元に、最新テクノロジーによって中小工場の新しい標準化を目指しています。トヨタ生産方式では価値が上流工程から下流工程まで会社や工場の枠にとらわれず自律的に流れていくように、標準化されたシステムを導入する複数の中小工場が有機的に生産の仕組みと情報によってつながり、適材適所で効率的な生産マッチングが行われると信じています。また、標準化された業界では問題点が明確に可視化され、一つの問題点を改善するだけでも業界全体の改善に波及します。


情報化と標準化により一つの改善が全体を変え、多くの改善が集まり革命が起きる。これが当社の考える真実です。真実を実現するために、当社は現場主義を貫き、現場目線での顧客価値向上とそれを実現する生産技術やIoT・AIといった最新技術開発に切磋琢磨してきました。その想いと努力によって、「小ロットスケジューラ」が生まれたのです。

今すぐ改善しよう!

改善には覚悟や努力が必要です。


しかも、IT化というと、よくわからない、むずかしそうといったイメージがあると思います。導入効果もわかりにくいといった考えもあると思います。しかし、小ロット部品加工業界での納期に対する要求は日増しに厳しくなっているのは現実で、今すぐ改善していかなければいけません。すべての改善ははじめの一歩から。その一歩を踏み出しやすい価格と、少ない労力で効果が出やすいシンプルな機能で「小ロットスケジューラ」をご用意しました。


生産現場に最新のITによる工程管理を導入するチャンスです。情報化の時代は変革のスピードが早く、待ってはくれません。今やらなければ、いつやるのか。日本の技術者・職人の強みである「まずはやってみよう」精神で、一度ご使用下さい。


我々も貴社現場での導入支援をいたしますので、一緒に最新の工程管理による生産革命を実現しましょう!

ご利用登録